株式会社アイアイシー I.I.C.Inc., 取引先の皆様へ 個人情報保護方針 サイトマップ

株式会社アイアイシー 会社概要

プライバシーマーク

アイアイシーでは、社内で独自に“プライバシーマーク”を取得しました!!!

平成20年4月2日 私たちアイアイシーは“プライバシーマーク”を取得しました。

キッカケは、これに遡ること約2年前・・・平成18年の初夏の頃、社長の平松が発した“このひとこと”でした。

「会社の魅力向上、他社との差別化のためにプライバシーマークを取得してみないか?」

これには、“運営会議”(週に1回行っている幹部会)に参加していたメンバーも賛同しました。
・・・次の“ひとこと”を聞くまでは。

「しかし、ただ認可を受けるだけでは、差別化とは言えない。
出来れば自分たちだけで独自に取得を目指そう。」


え・・・。プライバシーマーク取得って結構大変なんじゃ・・・。
平松が掲げた“この挑戦”に対し、メンバーそれぞれは即座に“不安”を感じていました。

しかし、平松は続けました。
「まずは自分たちでやらなければ、ノウハウは得られない。
このノウハウはエンジニアとして活躍する上で、大きな糧になるはず。
また、この“挑戦”を達成することは社員の成長という面で多いに意義がある。
アイアイシーで行われる全てのプロジェクトは“教育”という側面を持つべきだ。」


この人が言い出したら、やるしかない・・・そんな状況の中、“Pマーク取得プロジェクト”はスタートしました。

プロジェクトの本格的な実行のための準備期間を経て、平成18年9月にまずはプロジェクトのキックオフを行いました。
当時のブログでも取り上げています

そして、このプロジェクトを成功させるため、またPマーク取得後の運営維持のためにアイアイシー社内に“個人情報保護推進委員会”という組織を立ち上げました。

勉強会などで情報共有を行い、組織を作ることで、役割分担を明確にして、本格的にスタートした“Pマーク取得プロジェクト”・・・。
多少の混乱はあるものの、皆それなりに順調に進められるだろうと確信していました・・・
しかし、そう甘くは無かったのです。

プロジェクトは大きく分けて3つに分けられました。
・システム(セキュリティも含む)
・事務運用
・監査

このうち、人的にも経済的にもコストがかかるのは“システム”部分だと、誰もが勘違いしていました・・・実際に一番大変だったのは、“事務運用”の部分でした。

保有する個人情報の調査、そして、Pマークを取得するために必要な事務運用の洗い出しや運用フローの確立など。
それはもう“膨大な作業量”。

これがまず最初の躓き。
次に、“Pマーク取得に関する情報不足”が問題となりました。
私たちは独自に取得を目指したときから、書籍などによる情報収集は怠りませんでした。
ただ、“生きた情報”を入手することは難しく・・・。

それともう1点。
1999年に制定された“プライバシーマーク”はアイアイシーが取得を目指した2006年に改定が行われていました。
私たちが取得するのは、その2006年Ver.だったのですが、改定直後であり、その情報入手が困難であったことから、プロジェクトの中では1999Verの元に作業を進めた上で、改定部分をチューニングすることで、対応しようと考えていました。
しかし・・・2006年Ver.での改定により、ほとんどの内容が変わってしまっていたのです。

気が付いた時には、Pマーク取得に関して、アイアイシーが向かっていた方向が間違っていたことが発覚したのです。
これは平成18年年末のこと。

このままでは、取得が危うい・・・と感じた私たちは、完全な独自取得から少し方向転換を行い、必要な情報の提供を求めて、取引先会社の紹介してくれたコンサル会社にお願いすることにしました。
但し、こちらが出した条件は“最低限の情報提供で”というもの。

全てをコンサルに任せ切りにすれば、簡単にPマーク取得は叶ったかもしれません。
それでは “ノウハウの習得”、“社員の成長”、“教育”・・・そして“挑戦”。
当初の目的であるこれらのことは果たせません。

平成19年4月 特に“事務運用”の部分について、コンサル会社の協力を仰ぎながら、プロジェクトの建て直しを図りました。
それまでの情報に古いものがあったことから、多少の混乱はありましたが、淡々と進み・・・。

平成19年5月には、コンサルとは全く切り離して先行して進めていたシステム部分の構築が完了。
比較的に困難だと思われていた“システム”や“セキュリティ”の部分ですが、そこはシステムの会社ですから・・・“餅は餅屋”ということで。
(この部分については、のちの現地調査でもお褒めいただきました)

平成19年7月には、社員教育が完了。そして、パイロット運用が開始。
翌8月には、本格運用が開始されました。

・・・そして、平成19年9月に届出申請。
プロジェクト開始から1年。ここまで長かった。


平成19年12月 現地審査を実施。
色々な指摘を覚悟していましたが、指摘は数点で、しかも運用の根幹に関わるような指摘は全くありませんでした。
また、システムに関しては、“よく出来ている”というお褒めの言葉をいただきました。
私たちは“システムのプロ”ですから・・・当たり前と言われるかもしれませんけど、それでも素直に嬉しかったですね。

そして、平成20年4月2日。
ついに“プライバシーマーク取得”を達成しました。


・・・実は、ここには書けないような色々なことが起こりました。 それは、“書くまでも無い色々な細かい問題”であったり、“あまり知られたくないような社内事情”であったり。

ただ、色々な問題が起きるたびに、それに立ち向かい、そして解決策を模索していくという行為は、アイアイシーという会社の“対応力”を向上させることに繋がりました。
それは、組織として、また個人としての成長を意味することだと思います。

もしかしたら、“単なる自画自賛”だと思われるかもしれません。
ただ、“社員が50名未満の独立系ソフト開発会社”が独自にプライバシーマークを取得したことは、読んで皆さんが考えている以上にとても“大きな挑戦”であったことを理解して欲しいと思います。

しかし、“アイアイシーの挑戦”はここで終わりません・・・私たちは常に“次の挑戦”に目を向けています。
アイアイシーの今後の“挑戦”に期待してください。

平成19年4月2日
株式会社 アイアイシー
代表取締役会長 平松二三生
社員一同